気休めなもの。役立ちのもの。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めなもの。役立ちのもの。

サルとイヌの共同ブログ

なぜ「Kindle Paperwhite」と「タブレット」を比較してはいけないのか。

f:id:lkecmlfd:20170504032509j:plain

Kindle Paperwhiteユーザーが最も聞かれるだろう質問。

 

Kindle Paperwhiteを使っていると「購入しようと思うのだけど、タブレットで十分かな、と思うんだけど、どうだろう?」と言ったように、タブレットとの比較で質問されます。

 

声を大にして言いたい。Kindle Paperwhiteタブレットを比較してはならない。

 

というわけで、Kindle Paperwhiteがいかに秀逸であり、タブレットと別物なのか、という話。

 

 

Kindle Paperwhiteの強み

目が本当に疲れない。

タブレットのようにブルーライトを放たないe-inkなので紙の本のような感覚。目が疲れません。これはかなり大きな特徴。

 

電池が鬼のように持つ。

数週間充電無しで大丈夫です。広告に偽りなし。

 

 

Kindle Paperwhiteの弱み

あくまで「本を読むための機械」

本を読む以外の機能はないと思っていただいた方が良いでしょう。むしろ他のことに邪魔されず、読書に集中できる、と捉えることもできます。

 

Kindle PaperwhiteではAmazonからしか本は買えない

当然のことですが、Amazonからしか購入はできません。タブレットであれば、色々なアプリをダウンロードして、色々なサイトから電子書籍を購入することが可能です。

 

雑誌系やイラスト多い本には弱い

白黒表示のためカラー雑誌を読むのは諦めたほうが良いと思います。

 

Kindle Paperwhiteタブレットが比較対象でない理由

先にも挙げた通り、Kindle Paperwhiteは「本を読むための専用マシーン」です。もし電子書籍を読む頻度が少ないのであれば、タブレットKindleアプリで十分代用できるかもしれませんが、目が疲れない状態で長時間読みたいのであれば、Kindle Paperwhiteは買いです。

 

タブレットやPCのKindleアプリでも、ハイライトの抜き出し(Amazon Kindleでハイライト部分を表示し、Evernote Web Clipperを使ってハイライト部分のみ、Evernoteに抜き出すこともできます。後から見直すのに超便利)やWord Wiseによる多言語を読む際の補助といったKindleの秀逸な機能の恩恵を受けることができますので、さらに焦点は「たくさん読むか読めないか」に絞られます。

  

それでも私がKindle Paperwhiteをオススメする理由

それでも私は買いだと断言します。Kindle Paperwhiteファンということもありますが、とにかく目が疲れない、そして電池を気にせずに読書に集中できるという点で、購入の価値ありです。Kindle Paperwhiteに慣れるとタブレットスマホで本を読むのはちょっと厳しい。雑誌等のカラーで読まなければいけない時以外はスマホで読んだりしません。それくらいの快適度があります。

 

ビーチでタブレット片手に本を読む気にはなりませんが、Kindle Paperwhiteなら想像できませんか?