気休めなもの。役立ちのもの。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めなもの。役立ちのもの。

サルとイヌの共同ブログ

スーツを着ない職業につけば、新車が買える。

f:id:lkecmlfd:20170506173429j:plain

気になったので計算してみた。

気に入っていたスーツに先日紅茶をかけられまして、ふと「スーツに生涯いくらかかるのかな」と思ったので計算してみました。

 

前提条件

前提①:スーツを3着着回しで3年程度が寿命説

ググッたところ、「スーツを3着着回しで3年程度が寿命説」が有力のようなので今回の前提に採用します。

 

前提②:スーツは1着5万円

スーツ価格帯は、各年代で変化してくると思いますが、ここでは計算を簡単にするために間をとって「1着5万」とします。こちらのサイトでざっと見たところ、平均値としてあながち間違ってなさそう。

 

前提③:働く年数は36年間

大学院卒やら早期退職やらでいろいろと条件は変わってくると思いますが、ここでは36年間働く、つまりスーツが必要な期間は36年間とします。

 

前提④:1年間で働く日数は、237日。

週休2日制、有給20日をフルに使用し、年間12日の祝日だとして、年間128日が休み。よって、237日働くと仮定します。これは直接関係ないですが、1日いくらかかってるのか気になったので。

  

計算結果 

生涯で180万円かかる

スーツ3着を3年ごとに買い換えると、36年間で12回買い替えることになるので、生涯でスーツにかかるお金は180万円。新車が一台買えます。

 

毎月にすると4200円

毎月4200円かかる計算ですね。毎月64GBのSDカードが買えます。はい、くだらない比較ですね…。 

 

1日にすると210円

働く日数で割ると1日210円ですね。消しゴム(プレミアタイプ)が買えます。 

 

今日の「気休め」:スーツを着ない職業につけば新車が買える

今回の計算から、スーツを着ない職業に付けば、新車が一台買える、もしくはSDカードが432枚(27648GB分)、もしくはプレミア消しゴムが8532個買えることが分かりました。(スーツを買わない分、普段着にお金がかかるのかもしれませんが)。

 

就活生の皆さん、仕事選びの参考にしてみてください!(ってするわけないか。)