気休めなもの。役立ちのもの。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めなもの。役立ちのもの。

サルとイヌの共同ブログ

【検証】本当に裸で寝ると睡眠の質が上がるのか、やってみた。

エッセイ/ライフハック

f:id:lkecmlfd:20170310101020j:plain

 

つい先日、以下の記事を見かけました。どうやら裸で寝ると睡眠の質が上がるらしい。というわけで、実際に検証してみました。

 

 

裸で寝ると何がいいの?

www.lifehacker.jp

 

この記事で「裸で寝るメリット」とされているのは以下の4つ。

1. 裸だとよく眠れる

2. 裸で寝ることで、ストレスが減る

3. 裸で寝るほうがヘルシー

4. 裸で寝れば自信がつく 

 

ちょっと3.4は意味不明ですが、とにかく「皮膚の温度が低くなると、より深く眠れるようになり、夜中に目を冷ます回数が減るということを発見しています。」ということらしい。よって、実験。

検証方法

検証には愛用している「UP3」を使用しました。

  

こいつを使えば、「裸によって眠りが改善しているか(=深い眠りが多くなっているか)」「夜中に目を覚ます回数が減るか」についてしっかりと検証できます。スグレモノ!

 

なぜかAmazonだとシルバーがめちゃくちゃ安いんですよね(2017年3月10日時点で75%引き)。私もシルバー使っていますが、全く機能に問題なし。変なの。

f:id:lkecmlfd:20170310100451p:plain

f:id:lkecmlfd:20170310100454p:plain

 

またできるだけ実験状況を同じにするために、以下のようにしました。

 

  • ベッドに入る時間は「11時45分ごろ」とし、目覚めるのは「6時00分」
  • 睡眠に影響を及ぼしやすいパソコンとシャワーは30分前に終わらせる
  • 薄い掛け布団は使用する(=全裸でベッドで大の字では寝ない)

 

もう少しパソコンとシャワーは早く終わらしたかったのですが、色々やっているとちょっと遅くなってしまいました。寝る時間も少しだけバラバラに。でも大方の傾向を確認できる結果になったと思います。

 

結果

お待ちかねの結果は以下の通り!!!それぞれ傾向がでた代表的な睡眠ログを表示しています。

 

着衣で寝た場合

こちらはTシャツ・短パンで寝た時の睡眠。傾向としては、深い眠りが断続的。そして比較的少なめです。朝すっきり起きれる、というよりも、「まだもうちょっと寝たい」という朝が多かったです。f:id:lkecmlfd:20170316100906j:plain

 

f:id:lkecmlfd:20170316100421j:plain

 

裸で寝た場合

裸で寝た場合は以下のとおり。睡眠全体に占める深い眠りの比率も大きくなっていますが、最初の深い眠りへの落ち方がすごい。確かに裸だとよく眠れている、と言えそうです。でも、夜に目を覚ます回数増えちゃってるけど…。

f:id:lkecmlfd:20170316100441j:plain

f:id:lkecmlfd:20170316100530j:plain

 

しかし、裸で睡眠には決定的な欠点が…

しかしながら、欠点が。それは、裸で寝ると2回寝たうち、1回は風邪気味になってしまったということ。

致命的。ちなみにこの風邪気味状態からこちらの記事を書きました。

 

いろいろ分析してみた

最初のサイトに戻ると「皮膚の温度が低くなると、より深く眠れる」ということらしい。確かに私の今住んでいる国は、夜暑い。年中夏。

 

夜はクーラーつけないと寝れない、とまではいきませんが、やっぱり暑い。電気代が日本以上に高い&健康に悪そうなのでクーラーはあんまりつけないようにしているのです。

 

また、私が風邪気味になる原因はどうやら「朝方に気温が下がる」ということみたい。確かに日によっては、朝少し冷える。裸で寝た場合、この気温差で目が冷めたり、風邪気味になったりしているのでは、という仮説を立てました。

 

解決策!「着衣&クーラーを寝始めだけ」

上記仮説から、「寝落ちの部分だけクーラーで冷やし、深い眠りを誘う」&「その後は、自然と外気も下がっていくはずなので、着衣のままで温度調整し、風邪気味・頻繁な目覚めを防ぐ」作戦へ。

 

クーラーは寝始める10分前にスイッチオン。25℃で40分にします。もちろん裸ではなく、着衣睡眠。

 

いざ、実験!

f:id:lkecmlfd:20170316100556j:plain

f:id:lkecmlfd:20170316100601j:plain

 

やった!無事に深い眠りの増加と目覚めの回数・風邪気味を防止することができました!目覚めも快適!

まとめ

どうやら「裸で寝る云々」ではなく、「快適な気温の中で眠れるか」ということですね。裸は確かに体温を下げる簡単な方法ですが、私みたいに喉風邪引きやすいタイプには無理でした。

 

みなさんも、裸で寝る、ということにこだわらず、睡眠中の気温(特に寝始め)を気にしてみてください。それだけでかなり睡眠の質が変わること間違い無し。

 

もっとマニアックにやってみたい人はこちらの記事もどうぞ!

 

lkecmlfd.hatenablog.com