気休めなもの。役立ちのもの。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めなもの。役立ちのもの。

サルとイヌの共同ブログ

2019年ラグビーワールドカップに向けて、見るべき4つのリーグ!

f:id:lkecmlfd:20170210223542j:plain

 

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ開催が決まった時には、「2015年のラグビーワールドカップで結果が残せるか」と「スーパーラグビーに参戦したサンウルブズがちゃんと戦えるのか」という2点が大きな焦点でした。当時は大勢が無理だろう、と諦めていましたが、今振り返ってみれば、両方とも条件をクリアしています。期待がとても高まりますね。

---------------------------

(南アフリカ戦は、全くわからない方が見ても痺れる試合なので、ハイライトだけでもどうぞ。)


Japan v South Africa - Full Match Highlights and Tries

---------------------------

前回のラグビーワールドカップの活躍でラグビーに関心を持たれた方も多いのではないでしょうか。

ただ正直言って、2019年のワールドカップだけ見るだけでは面白さが半減です。2019年を待つのではなく、今からぜひいろんな試合をみた上で、2019年を迎えていただきたいと思います。

 

さあ、以下の4つのリーグを押さえて2019年への準備をしましょう。

 

 

1. スーパーラグビーを要チェック

まずは、2月23日から開幕するスーパーラグビー

 

スーパーラグビー(英語: Super Rugby)は、ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ共和国・アルゼンチン・日本の5か国、計18のクラブチームにて行われるラグビーユニオンの国際リーグ戦の呼称である。(wikipediaから引用)

 

サンウルブズの初戦は、2月25日@秩父宮です。サンウルブズに参加しているメンバーは、ほとんどが日本代表経験者。

 

sunwolves.or.jp

 

その意味では、サンウルブズの試合を見ていると今の日本代表の選手を覚えることができて一石二鳥。試合のレベルも高いです。

 

2016年シーズンは、レッズには五郎丸選手、レベルズには松島選手、ハイランダーズには田中選手、チーフズにはリーチ選手と山下選手がいたので、そういった海外で活躍する日本人選手との対戦もエキサイティングでした。

 

また2017年度シーズンが始まる前に、ジャガーズ相手に収めた歴史的勝利をチェックしておきましょう。

 


Super Rugby Round 9: Sunwolves v Jaguares

 

2. 大学ラグビーを要チェック 

一方で、今活躍している選手の多くは、2019年にコンディション的にベストかと言われると、そうでもないのも事実(ポジションごとに適齢期がある、というエディー元日本代表監督の話もあり。この話はまた別の機会にブログに書きます)。

 

そういった観点では大学ラグビーで未来のスターを見ておくのもお勧めです。現在は帝京大学が史上初の8連覇中。帝京大学は選手層も厚く、サイズも大きい選手が揃っていることから、この中から次世代のスターが出てくるでしょう。

 

帝京大学は2014年にNECを破り、トップリーグのチームに引けをとりません。その帝京大学一強時代にどの大学が土をつけるのか、そこも見所です(2015年に筑波大学に一度負けていますが)。

 

3. トップリーグを要チェック

2016年シーズンは終わってしまったもののトップリーグも見所満載です。スーパーリーグとは時期が重ならないため、サンウルブズや他のチームに所属している選手を日本で間近に見ることができます。若手の期待選手である藤田選手や福岡選手もトップリーグで見ることができます。

 

4. シックスネーションズ(6 Nations)を要チェック

以下の記事でも書きましたが、ちょうどシーズンインしたシックスネーションズ。ヨーロッパの強豪6カ国対抗戦です。日本からでも以下の記事で書いたように観戦可能です。

 

それぞれヨーロッパの強豪チームも2019年を見据えて若手の起用が目立ちます。また昨年グランドスラムを達成した、エディー監督率いるイングランドの2年連続のグランドスラムにも期待がかかります。

 

lkecmlfd.hatenablog.com

 

さて、いかがだったでしょうか?まずはこれから始まるスーパーリーグにおけるサンウルブズを応援しましょう!

 

一人でも多くの人がラグビーを楽しんでくださいますように!