気休めなもの。役立ちのもの。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めなもの。役立ちのもの。

サルとイヌの共同ブログ

まだ1人ブログで消耗してるの?

f:id:lkecmlfd:20170315015738p:plain

 

というわけで、1人ブログやめます。10年来の友人と共同運営することにしました。

 

私、海外生活。彼、日本生活。やってる仕事も全然違うし、現状の家族構成も違う。

 

ただ仲がいい(東京にいた時は、週に3回くらい居候してた)ので、一緒にやったら面白いかな、と。それにいろんな側面を考慮しても、実際にブログを共同経営していくのって意義があると思うんです。

  

 

そもそも、1人より2人のほうが楽しい。

いきなり哲学的な部分ですが、人間、喜びを分かち合った方が楽しいです。孤独にひたすら作業するのってつまんない。

 

「いや、俺一人でも大丈夫です」って人は今すぐ『Into the Wild』見てください。黙ってツタヤに走ってください。人生変わりますから。

 

恵まれた境遇にありながらも繊細な感受性ゆえに満たされずにいた一人の青年が、突然すべてを捨て、ヒッチハイクでアメリカを縦断しながら様々な人々との出会いを経て、最後は徒歩でアラスカの荒野へと分け入り、4ヵ月後に餓死した死体となって発見されるまでの心の軌跡を静かに見つめていく。

 

若干ネタバレ的ですが、主人公は「happiness only real when shared」という一言を書き残して、孤独のうちに死んでしまいます。まさに、この言葉が示すように、喜びは分かち合ってこそ本当の喜びになるのです。単純に楽しいじゃないですか、2人で喜んだほうが。

 

人生のピークタイムを分け合える。

我々ふたりとも駆け出しアラサー男子なので、これから家族も仕事もピークを迎えます。でもふたりとも全く同じ時にピークを迎える、ってのは確率としてそんなに高くない。これでリスクをヘッジできます。

 

つまり、忙しい時は片方が頑張ればいい。私は今海外生活をしているので、比較的時間があります。通勤時間10分ですから。その分、ブログでアウトプットする時間に回すことができます。

 

他方、友人はそんな時間はない。なぜなら、子育て真っ盛りだから。

 

それなら別に私が中心にブログを運営して、友人は好きな時に記事を上げてくれればいい。記事を編集したり、リンクつけたり、細かいことは私がすればいい。その代わり、私が子育てフェーズになったら、友人にブログはおまかせしようと思ってます。もし難しければ、また誰か誘えばいいでしょうし。

 

1人でやってたら、ブログの更新も滞ってしまうし、モチベーションも保つの大変でしょうしね。

 

普通に2人でやって、学び合えることも多いので、何より楽しいです。

 

時代はシェア。

シェア。時代はシェアです。ブログというプラットフォームもシェアしちゃえばいい。

別に1人で占有する必要ないんです。むしろ物理的に離れていても、いくらでも協働できる時代になったからこそ、ブログを共同運営するのも当たり前の流れじゃないかな、と。

 

場所を超えた実験。

そもそも、私はこの友人と将来何か一緒にしたいんですよね。今は物理的に離れているし、お互い仕事にも満足しているし、特に友人は子育て真っ盛りなので、タイミング的には無理なんですけど。でも将来やりたいなぁと。

 

でもいきなり2人でビジネス、とかハードル高いじゃないですか。仕事でもそうですが、なんでも「小さくやってみる→検証する→うまくいきそうならスケールアップ」というのが鉄則。いい感じの実験です。

 

そんなわけで、これから共同運営始めてみます。もう少し記事が増えたら、読んでくださる方にもどっちが書いた記事かわかりやすくしていけたらいいなぁ。

 

そんなわけで詳しい(といってもそんな詳しくない)プロフィールはこちら!

 

 

 

【スーパーラグビー2017】サンウルブズ vs チーターズ Round 3 〜惜敗。。。確かなチームの成長。〜

惜しい。惜しすぎる試合でした。一方、そこには確かな手応え。

 

 

 

江見翔太のセンセーショナルなトライで幕開け。

立ち上がりは素晴らしかった。WTB 福岡のキックオフキャッチからのトライ。江見の力強いラン。開始0分で試合を引き寄せたかに見えました。

 

 

www.youtube.com

 

 

モリの突破で押し上げれたゲインライン

LO モリの活躍が目立ちました。選手までゲインラインを突破できずにバックスラインにボールを供給する状況が目立ちましたが、フォワードのファイト、特にモリの活躍は確かにマンオブザマッチに相応しいものでしたね。

 

福岡に繋いだラインアウトからのプレーは、素晴らしかった。

 

福岡の存在感。中鶴の献身。

2トライのWTB 福岡。すでにチームになくてはならない存在といっても過言ではないでしょう。最初のキックオフキャッチも素晴らしいの一言。

 

WTB 中鶴はアタックで大きく目立ったシーンはなかったものの、DF での献身的なバックアップ。注目されませんが、地味なプレーを積み重ねており、各種場面でのポジショニングが適切でした。

 

適切だった交代戦略。チーム全体としての底上げ。

40分〜50分代に行われた交代は適切でした。疲れたチームに新たなリズムを作りました。特にフォワードは、前半にかなりスタミナを使ったので、一気に前列を変えたのは英断だったと思います。スクラムの不安もあり、なかなかできる交代戦略じゃない。マネージメントの素晴らしさだと思います。

 

またSH 茂野の早期投入も適切。内田も前回より良いパフォーマンスだったように思います。もう少し自ら仕掛てもよかったかも。

 

今回で、庭井、山路、ウヴェ、坂手、小倉の5名がスーパーラグビーデビュー。こういった交代を使いつつ、試合の経験をさせていくのは、チーム力の底上げにつながります。このあたり、リーグ後半戦が楽しみです。

 

しかし勝ちがほしい。。。

昨シーズンも「惜しい」は多かったんです。やはりチームを勢いづかせること、そしてさらにはファンが離れないようにするためには、このあたりでどうにか勝ち星を。

 

次戦のブルズ戦、期待しましょう!! 

 

 

アンドロイドから写真をMac(パソコン)に移動させるならLINE(ライン)の一人グループを使うのが超便利。

私、ヤマダのEvery Pad 3 使ってます。

 

SIMフリーでSIM2枚搭載できるのと画面が大きいことに惹かれて購入。安いので最悪壊したり、盗難されたりしても許せそうかな、という思いもありつつ。

 

画面が大きいから、Blutoothキーボードと組み合わせれば出先でも仕事できちゃうので、超便利。

 

以下、私が使っているタイプではないですが、コレ超ほしい。次の一時帰国の時に買おっと。メモメモ。

 

シックスネーションズ(6 Nations)ラウンド4の試合結果・ハイライト 〜イングランド優勝〜

f:id:lkecmlfd:20170227111726p:plain

 

シックスネーションズ(6 Nations)ラウンド4の結果です。

 

ウェールズ 22 - 9 アイルランド

イタリア 18 - 40 フランス

イングランド 61 - 21 スコットランド

 

イングランドスコットランドへの勝利し、残り1試合(アイルランド戦)を残し、優勝。スコットランド戦は、完全に横綱相撲でした。フランス戦、ウェールズ戦とそれなりに苦しい試合を重ねて来ましたが、ここに来てチームを本調子に持ってくるところが、やはりエディ・ジョーンズHCの手腕ですね。すごい。

 

今回で18連勝とし、オールブラックスの連続勝利記録に並びました。次戦でアイルランドに勝利すれば、2年連続のグランドスラム優勝、かつ、史上最多の19連勝となります。

 

2015年、ホームのワールドカップで無残なまでの姿を見せたチームをここまで仕上げたエディーHCのコーチ論はビジネスマンにも必見。

 

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

lkecmlfd.hatenablog.com

 

lkecmlfd.hatenablog.com

 

lkecmlfd.hatenablog.com

  

lkecmlfd.hatenablog.com

 

 

lkecmlfd.hatenablog.com

 

 

 

 

 

プロポリス(原液)を使い始めて風邪知らずになった話。

f:id:lkecmlfd:20170312125324j:plain

元来、風邪を引きやすいです。特の喉がやられやすい。ホテル等でエアコンが効きすぎていると結構な確率でやられます。特に冬はやばい。11月〜3月の間に数回風邪を引きます。

 

今は、海外駐在で年中夏の国に住んでいるので風邪をこじらせる数は減りましたが、前回正月に日本に帰った時にご多分にもれず、喉風邪ひきました。短期滞在なのに…。

 

そんな時に薬局で勧められたプロポリス(原液)が、私の風邪・喉痛に悩まされる人生に終止符を打ったわけです。

 

※健康に関わる話ですので、必要に応じ、かかりつけ医や薬剤師に相談の上、試してくださいね。

 

 

プロポリスって何?

プロポリス(propolis)は、ミツバチが木の芽や樹液、あるいはその他の植物源から集めた樹脂製混合物である。蜂ヤニともいう。プロポリスという名前は、もともとギリシャ語で、「プロ(pro)」は「前」とか「守る(防御)」という意味を持ち、「ポリス(polis)」は「都市」という意味を持っている。この2つの語が合わさったプロポリスは、「都市(巣)を守る」という意味がある。 (wikipedia

 

天然の抗生物質とも呼ばれており、殺菌効果が強いとのこと。風邪や喉痛、口内炎に主に効果があるとの説明を薬局のお姉さん(薬剤師)から受けました。

 

勧められた時の第一印象は、「え、怪しそう」。だって怪しそうじゃないですか。しかも勧められている商品は、タブレットとかではなくて、「プロポリスの原液」ですから。しかも結構高いし。とにかくその場で試飲してみることに。

 

どうやって飲むの?

薬剤師のお姉さんは手慣れた手つきで、プロポリスの原液を溶かし、私に勧めます。

f:id:lkecmlfd:20170312132038j:plain

(原液はこんな感じ)

f:id:lkecmlfd:20170312131841j:plain

(水に溶かすと黄色く濁ります。※わかりやすいように家の茶碗で実演)

f:id:lkecmlfd:20170312131855j:plain

(怪しい薬みたい)

 

勧められるがままに飲んでみると…

 

「激マズ・・・。」

 

ただ、その時めちゃくちゃ痛かったはずの喉の痛みが相当和らぎました。「あれ?効いてる?」。そして薬剤師のお姉さんも「私も喉痛に悩まされることが多くて。家に常備しています。風邪の引き始めにはこれ使っているんです。」とのセールストーク

 

とりあえず、喉が痛すぎて藁にもすがる思いだったので、即購入。

 

効果を知った翌日。

その日は試飲しただけなので、夜寝る前に用量を守って、水に溶かして飲み、早めの就寝。やっぱりマズい。でも喉の痛みにヒリヒリ効いている感じ。ちょっとイタ気持ちいい。そして何より喉の痛みが和らいで寝れる。少なくともそれで満足。

 

ー翌日ー

 

朝起きると、全く喉が痛くない。ウソのように。感覚的には、2.3日長引くであろう喉風邪だったのに。薬剤師のお姉さん、すごい。「怪しい」とか思ってごめんなさい。

 

それ以来愛用者に。

というわけで、それ以来愛用者、プロポリス信者になったわけです。今でもちょっと喉が痛くなり始め、「風邪の引き始めか?」と怪しい症状がでたら、摂取。翌日には喉痛は消えています。すごいぞ、プロポリス!

 

Amazonだと原液でも安く売っています。

 

大容量買うのであれば、こちらのサイト が良さそう。

 

身をもって効果を経験しているので大変お勧め商品なのですが、体質によっては副作用がでるとの報告もあり。薬剤師のお姉さんにも「ちょっとずつ試してください。また用法用量は絶対に守るように。」と言われました。健康に関わる話なので、その点留意しながらぜひ試して見てください。

 

いずれにしても私のように喉痛持ちは、試す価値大です!!!さよなら、風邪!!グッバイ喉痛!!

 

 

 

 

物乞いの方にお金を渡すべきか、否か。

f:id:lkecmlfd:20170311004500j:plain

 

途上国を旅したり、海外駐在していたりすると必ずと言っていいほど物乞いの方に遭遇します。

 

私は政府関係者を日常の仕事相手に途上国開発の仕事をしていますが、未だに物乞いの方に金銭を渡すか、について非常に悩みます。実際にどのように行動するのが正しいのでしょうか。

 

 

人に聞いたりネットで検索してみたところ、同様の悩み・疑問を抱える人は多いようです。一方、この問題はモラルや倫理感に大きく関係しているため、「感情論」が多いように感じます。確かに答えはないですが、もう少し感情的な議論を避けて考えてみたいと思います。

 

物乞いの方のためになるのは何か。

「物乞いの方に金銭を渡すか」という議論を分解してみると「倫理的に渡すべきか」という「自分の感情(罪悪感や慈悲)」と「物乞いの人のためになるか」という「問題解決のためのアプローチとしての効果」という2つの観点があるように思います。

 

今回は、「物乞いの方にお金を渡す」という行為が「問題解決のためのアプローチとしての効果」があるのか、に着目して考察を進めます。

 

そもそも法律で禁止されている可能性がある。

まず、「問題解決のためのアプローチとしての効果」について考察する前に、「物乞い」という行為そのものが法律で禁じられている場合がある点に触れます。

 

例えば日本では物乞い行為は法律に抵触します。

 

軽犯罪法(昭和二十三年五月一日法律第三十九号)

 生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない 者で諸方をうろついたもの

二十二  こじきをし、又はこじきをさせた者

 

ざっと調べただけでも、インドネシアやタイも禁止しています。タイは厳しいですね。3年の禁固、もしくは30000バーツ(約90000円)、またはその両方となっています。

 

物乞いの方が本当に困っているか否かは、我々には判断できない。

では、仮に法律で禁止されていないとします。その場合、お金を渡す行為は「問題解決のためのアプローチとしての効果」があるのか。

 

確かにお金を渡すことで、食事を買えるようになり物乞いの方を救っているともいえますが、以下の理由からそれが適切なアプローチか否かはわかりません。

 

  • 援助するべき対象かわからない。仮に物乞いの方が老人であったり、障害があったとしても、その人が本当に物乞いをするレベルで貧困状態にあるのかは、物乞いをされた瞬間には、我々に判断がつかない。
  • 仮に援助するべき対象だと断定できても、お金を渡すことが最適な解決策かどうかに疑問が残る。

 

極端なケースですが、物乞いで生計が成り立つために、マフィアやギャングが組織化して、子供たちを障害者にし物乞いをさせ、資金源にするケースも実際にあります。

 

こういったことが起こり続ける場合、目の前の人を救うことが、更にその他の人を苦しめる構図の一助になると考えられ、それが適切な「問題解決のためのアプローチ」とは言えません。

 

ある研究では、物乞いをする人たちはベーシックニーズを満たすためでなく、家を買うために物乞いをしている、というケースがを紹介しています。町中に物乞いの方は多いのに宗教施設での食事の配給には実際に来る人が少ない、食事や物を渡そうとしても拒否しお金を要求する、といったケースもあるようです。そのような人々は「物乞い」という行為を悪用している可能性があります。

 

本来は行政サービスがセーフティネットになるはず?

「問題解決のためのアプローチとしての効果」として見た場合、あなたが渡すお金は「本当に困っている人」に渡され、使われるべきですが、我々には「本当に困っているか」が判断できません。

 

それでは、本来はどういった形がよいのか、について考えてみたいと思います。国が豊かになり生活水準が向上すれば、というのも大きな要素ですが、依然として格差の問題は残ります。ジニ係数ご参照。

国内における個人または世帯所得が、完全に平等な状態からどの程度乖離しているかを示すジニ係数をご覧いただけます。0の場合は完全に平等、100%の場合には完全に不平等を示します。(世界銀行

 

f:id:lkecmlfd:20170311003124p:plain

(アメリカとトルコは同程度の格差レベル)

 

f:id:lkecmlfd:20170311003126p:plain

(日本はカンボジアとイエメンの間)

 

先進国にも少なから物乞いの方がいるように、国が豊かになってもこの問題は残ります。なぜなら国が豊かになっても格差が残り、さらに経済成長と比例して上がる生活水準についていけない方が一定数いることが考えられるからです。

 

その一つの解決法としては、行政サービスがセーフティネットとしての役割を果たす、というものでしょう。税金を集め、それを資金源にサービスを提供する。ある種の富の再分配機能です。議論はありますが、日本の生活保護もその一つですね。

 

一方で途上国においては、そういった行政サービスが欠如しがち、もしくは整備されていません。存在したとしても、行政機関が非効率・生産性が低いことに加え、汚職という問題もあいまってセーフティネットとしての機能が働いていない状況にあります。汚職については、Transparency InternationalのCorruption Perceptions Indexが有名です。

 

f:id:lkecmlfd:20170311003629j:plain

(赤が濃い地域が汚職が多い)

 

さらに汚職率の高い国では、「行政」のみならず「組織」に対する信用度が低く、NGO等の「組織」を通じた寄付等ではなく、直接物乞いにお金を渡す行為に繋がっているという報告もあります。 

 

「問題解決のためのアプローチ」として直接お金を渡すよりも効果的なことは?

本来行政サービスを担うべき役割を代替する組織を支援する方法があります。例えば、母体の大きい国際NGOを選んで、寄付を行う。

 

「母体が大きい」というと曖昧ですがこれは結構重要で、企業等の補助で運営費が潤沢にあるほうが、寄付したお金がより目に見える形で使われやすい。実際の寄付が実際に受益者に直接届きやすい。

 

極端な例をだすと、国際NGOがプロジェクトをやるにしても、寄付したお金の大半がプロジェクトのアドミコストに使用されるケースもありえます。例えばプロジェクトの効果的な結果を出すために専門家が必要とされた場合、専門家の人件費はもちろんのこと、その派遣のための事務費(アドミスタッフの人件費等)に使われてしまう。

 

もちろん、そのプロジェクトが長期的に見れば問題解決にアプローチする可能性も高いのでそれを否定するものではありません。(今回は「物乞いにお金を渡す」との比較なので、できる限り自分のお金が直接届く、という観点で議論しています。)

 

でもミクロの視点では…。

上記の通り、いろいろな諸条件を考えた上でベストな道を探そうとすると、視点がマクロ、そして中長期な視点になりがちです。ただ、「物乞い」というミクロで短期的な結果が求められる状況に立たされた場合、どうでしょうか。

 

ミクロな観点では、出会った物乞いの方が障害を持っており働けず、自分がお金を渡さなかったせいで今日の食事をとれないかもしれない。今日死んでしまうかもしれない。その可能性は捨てきれません。

 

限りなく少ないとしても、その渡す金額がその人の1日を救う可能性はあります。しかしながら、それが大きな意味で「問題解決のためのアプローチとしての効果」があるか、むしろ解決を遅延・妨げないか。そう思うと、悩ましいです。

 

結論(どうするか。私の場合。)

当然ながら「絶対にこれが良い」という結論はありませんが、上記の考察から、私は「物乞いの方にお金は渡さない」というスタンスです。

 

その代わり、それより多いお金を自分自身が調べて信頼できるNGO(なるべく大規模で現地のネットワークが強いところ)に寄付することにしています。

 

絶対にこうしなくてはいけない、という正解がある話ではなく、非常に難しい。判断は皆さんのその瞬間に委ねられます。一方、できる限り多くの人が犠牲にならない、つまり物乞いビジネスを生み出さないようにする、そう考えるとやはりお金を渡すのは適切ではない、そう思えます。

 

この記事が皆さんの考えるきっかけになれば幸いです。

  

【スーパーラグビー2017】チーターズ戦のみどころは?昨年の対戦成績は?

サンウルブズとチーターズ戦が明日に迫ってきました。チーターズ戦の注目ポイントをまとめてみます。

 

 

 

昨年の対戦成績は?

2016年シーズンは2度対戦。

  • 3月12日に31 - 32で敗退
  • 4月15日に17 - 92で敗退。

特に二度目の敗退は、かなり屈辱的な点差なるも、長距離移動と慣れない標高の高いスタジアムでの試合、といった悪条件が重なったこともあるので、その点はあまり悲観する必要がないかと思います。

 

どんなチーム?注目選手は?

チーターズは今季ナンバーエイトサンウルブズを牽引しているNO.8 ヴィリー・ブリッツの古巣。アフリカカンファレンスのチームです。昨年は18チーム中14位。

 

注目選手は昨年921メーターを稼ぎ、全選手の中でも9位につけたセルジール・ピーターセンでしたが、膝の怪我が治っていないようでサンウルブズ戦は出場なし。その他にも結構な怪我人がでています。サンウルブズ、チャンス!

 

fscheetahs.co.za

 

一方で、昨年2回対戦して勝利を上げられなかったブルズに先週勝利を収めており、チームとしては好調。初戦のライオンズともタイトな試合をしており、勢いのあるチームと言えます。

 

サンウルブズの注目ポイントは?

PR1に山本幸輝、HO庭井祐輔、PR3山路泰生とFW第1列は先週から全員入替わり。これまで安定したスクラムでボールを供給してきていたので、そこをきちんと守れるか。

 

また先週のキングズ戦では、全力を出しきれなかったスタンドオフのヘイデン・クリップスに期待。インプレーのキック、そしてペナルティゴールで安定感を出してチームを牽引してほしい。

 

引き続きバックスリーは、中鶴、福岡、江見のトリオ。なんとかフォワードは、ファイトしてゲインした後に、外にボールを供給したいところ。

 

控え選手の起用のタイミングも気になります。金、茂野、そして先週ものすごいパスを見せたJJタウランギの投入を効果的に使ってほしい。

 

まとめ

とにかくマストウィンの試合!先週、先々週と厳しい試合ですが、今週こそ今シーズン初勝利を期待しましょう!