気休めなもの。役立ちのもの。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気休めなもの。役立ちのもの。

サルとイヌの共同ブログ

【5分でマスター】ビジネスマン必見!世界銀行データの使い方。

サル エッセイ/ライフハック 仕事 海外生活/旅

f:id:lkecmlfd:20170328110355j:plain

 

世界銀行ってだけで何となくハードルが高そうですよね。

 

世界銀行のデータはビジネスマンにとって超有用なツールです。なのに全然使われていない…。そこで、本日は5分でマスターできる世界銀行データの使い方を説明します。

 

ビジネスマンの皆さん、これを読めば今日からプレゼンの質が上がり、上司や得意先からの評価が上がること間違いなし!!

 

 

世界銀行って何?

 

まずは世界銀行の簡単な説明から。

世界銀行(せかいぎんこう、英語: World Bank, WB)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関。当初は国際復興開発銀行を指したが、1960年に設立された国際開発協会とあわせて世界銀行と呼ぶ。国際通貨基金と共に、第二次世界大戦後の金融秩序制度の中心を担う。本部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.。加盟国は189ヶ国。世界銀行 - Wikipedia

 

日本の大手銀行も融資能力を高めるためリサーチ機関やシンクタンクを持っているように、世界銀行もリサーチに相当な力を入れています。特に世界銀行は、各国で博士課程を終えた優秀なリサーチャーを抱えています。分析力は相当なレベルです。

 

ちなみに日本はアメリカに次いで出資比率が世界第2位です。日本の税金がリサーチに使われているのですから、世界銀行のデータを使わないのは本当に損。

 

それでは早速使い方の説明にいってみましょう。

 

世界銀行データを使ってグラフを作る

 

まずはこちらにアクセス。

www.worldbank.org

 

 

1. トップ画面の上に位置する「DATA」をクリックします。

f:id:lkecmlfd:20170328100510p:plain

 

2. 「DATA」をクリックすると以下のページに飛びます。中段にある検索バーから調べたい事柄を打ち込みます。ここでは仮に「インドネシアとタイ」について調べるとします。

f:id:lkecmlfd:20170328100911p:plain

 

 

3. 英語ができなくても心配することなかれ。国名を打てば予測変換されますので、スペルがわからなくても大丈夫。2つの国名を打つと、いろいろなデータが出てきます。

f:id:lkecmlfd:20170328101311p:plain

f:id:lkecmlfd:20170328101322p:plain

 

 4. 今後のマーケット調査、という名目で「人口増加率(Population growth)」に目をつけたとします。両国とも減少傾向ですね。ここで秀逸なのが、グラフの右側に関連するデータが表示されます。

f:id:lkecmlfd:20170328101353p:plain

 

5. 全体の人口増加率は減少傾向でしたが、65歳以上に絞ると以下のグラフの通り。タイの高齢化は顕著ですね。高齢者向けのマーケットについて分析の余地がありそうです。

f:id:lkecmlfd:20170328100516p:plain

 

6. 他にもアジア各国の生活水準(1人あたりのGDP)の比較として、こんなグラフも作ることができます。

f:id:lkecmlfd:20170328104145p:plain

 

7. プレゼンにする際はスクリーンショットで十分ですが、シェア機能を駆使すればブログやSNSにも使えます。シェア機能は右上の「Share」から。

f:id:lkecmlfd:20170328101507p:plain

 

8. 下段にある「width」で大きさも自由に変更できます。

f:id:lkecmlfd:20170328101531p:plain

 

9. ブログに埋め込むと以下のような形になります。マウスオーバーで各年の値も確認できる優れもの!

 

地図表示にも使える!

1. プレゼンでの地図表示も使えます。先程のグラフの左上に表示される「Map」をクリック。

f:id:lkecmlfd:20170328105032p:plain

 

2. 丁寧にも対象地域が赤枠で示された地図が表示されます。このスクリーンショットでプレゼンでの地図表示は十分。もうグーグルマップのスクリーンショットに無理に色付けする必要もありません。

f:id:lkecmlfd:20170328101653p:plain

 

3. もちろんシェアボタンを使えば、ブログやSNSに埋め込むことも可能です。

 

まとめ:世界銀行のHPはデータの宝庫

いかがだったでしょうか?世界銀行という名前と英語表示というだけで何となくハードルが高いように見えますが、非常にユーザーフレンドリーで有用なデータが揃っています。

 

この他にも「交通事故による死亡率」や「PM2.5による大気汚染率」といったデータまで揃っています。HPを眺めるだけでも非常に興味深いのでぜひ一度試してみてください!

 

【アジア駐在員必見】タイ産の日本米が衝撃的に安くて美味かった。

サル エッセイ/ライフハック 海外生活/旅

f:id:lkecmlfd:20170328015557j:plain

 

日本にいた時はほとんど米食べなかったんですけどね。

 

駐在してから米が大好きになりました。それも美味しい日本米。一時帰国の際は必ず米を2キロ買って持ってきています。ダントツでオススメなのが「さがびより」。

 

しかし、愛して止まなかった「さがびより」がついに昨日底をつきました。しばらく日本に帰国しないのにどうしよう…。

 

と、頭を悩ませていたら思い出しました。昨年バンコクに買い出しに行った時に試しに買ってみたタイ産の日本米。

 

今回は、タイ産の日本米「はるか」が激ウマだった話。アジア駐在員は必見です。

 

 

なんでタイ産の日本米?

昨年バンコクに買い出しに行った時、美味しい日本米を探していました。

 

日本人駐在員の味方フジスーパーにも行ったところ、日本からの輸入米が高い…。そりゃそうですよね。

 

そんな悲しみに打ちひしがれている時に、ふと目に入ったのです。

 

タイ産の日本米。

 

早速グーグルでチェック。こういうのは駐在員妻のブログを見るに限ります。異国の地で強制的に時間ができてしまった駐在妻こそ良質な情報源。特にブログを書いている人は「意識高い系」駐在妻なので、本当に良い店や商品を紹介してくれています。

 

早速発見!バンコクマダムの日本米食べ比べ記事。

 

今はなぜかアクセスできなくなっていますが、こちらの記事が忠実に保存してくれています(このコピペ具合大丈夫だろうか、という疑問はさておき…)。

 

f:id:lkecmlfd:20170328013108p:plain

 

めちゃくちゃ安い。 日経ビジネスオンラインの記事によると以下の通り。安すぎる…。

タイでは、日本から輸入した日本米を使用すると高くつく。米の輸出大国であるタイは輸入米に高い関税をかけているからだ。バンコクのスーパーで販売されている日本産のあきたこまちの価格は1kgあたり約160バーツ(約600円)。一方、タイで栽培された日本米なら1kgあたり約75バーツ(約280円)。日本産の半値以下で手に入る。

「タイ産の日本米」がバンコクで人気に:日経ビジネスオンライン

 

ものは試しに購入。残念ながら「秋田小町」はフジスーパーで売り切れだったので、「はるか」を購入しました。

 

そんな経緯で買ったわけですが、その後急遽日本に一時帰国する用事ができてしまい、愛しの「さがびより」をゲットしたことから、「はるか」は文字通り記憶のはるか彼方へ。

 

早速炊いてみる

前日まで「さがびより」を食べていたので満足できないことは覚悟しつつも炊いてみます。

 

駐在生活では圧力鍋が料理のお供。炊飯器より100%コスパいいです。愛用しているのはこちら。

 

電気料金は国によっては日本並かそれ以上に高いですからね。チリツモで馬鹿になりません。ASEAN Electricity Tariff 2014 | Talk Energyの図をみると以下のとおり。従量制ですが日本は1kwが約20円程度ですから、今のレートだとシンガポールミャンマーあたりは日本より高いですね。

f:id:lkecmlfd:20170328015113p:plain

 

話が逸れました。それでは早速「はるか」をオープン。

f:id:lkecmlfd:20170328015651j:plain

 

冷凍しておきたいので4合炊きます。圧力鍋での米の炊き方はこちらの記事が詳しいです。 私は「男飯」なので、さっと洗って、さっと圧力鍋にいれて、さっと水をいれて(大体1合あたり180mlなので4合で660mlくらい)強火にかけます。

f:id:lkecmlfd:20170328015620j:plain

 

しばらく火にかけると圧力がかかってきて、重りがあがります。写真の赤い部分ですね。

f:id:lkecmlfd:20170328015644j:plain

 

重りが上がったら弱火にして約5分。5分経ったら火を消して、そのまま重しが自然と落ちるまで蒸らします。この蒸らしている期間も調理中なので焦らずに。危険ですので、重しが下がっていないのに蓋を開けては絶対にいけません。

 

さぁ、重しが下がりました!早速オープン!

f:id:lkecmlfd:20170328015630j:plain

 

思ったより綺麗に炊けている!期待が高まります。

f:id:lkecmlfd:20170328015557j:plain

 

すごい美味しそう。ここは、先輩にもらった「うになめ茸」を投入。

f:id:lkecmlfd:20170328015549j:plain

さらに美味しそう。それでは実食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像を超えた旨さ…。モッチリ感がたまらない。

絶句。

 

圧力鍋で炊くと炊飯器よりモッチリ仕上がるのですが、その分を差し引いてもこの美味しさ。決して盛ってませんよ。前日まで「さがびより」を食べていた私の舌が比較してもコレは絶句です。

 

 

すごいぞ、バンコクマダム!すごいぞ、はるか!!

 

 

これより評価が高い「秋田小町」のレベルが気になります…。てか、本当にコスパ高すぎでしょう。

 

まとめ

正直なところ、「まぁまぁ食べれました。コスパも高いしオススメです。」という記事になると思っていたのですが、恐るべしタイ産の日本米。

 

本当にオススメなので、バンコクへ買い出しの際はぜひ買ってみてください。私は今度「秋田小町」に挑戦してみます!!

 

【ポイント解説付】超初心者がブログを始める際に読むべき5冊

サル 映画/本/マンガ 仕事

f:id:lkecmlfd:20170327102749j:plain

 

本当にオススメの5冊に絞りました。

 

ブログを始めるにあたり初期投資として一通りの本を購入して読みました。おそらく15冊以上は読みました。今回は、その中で本当に役に立った超初心者が読むべき本を厳選して、「すぐに役立つポイント」と共に紹介したいと思います。

 

 

とにかくマストバイの本:『ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』

すべての必要なことが網羅されている、といっても過言ではありません。特にWordPressで始める人は必読です。はてなブログユーザーも満足できる内容です。ブログに対する考え方からテクニックまで学べる一冊です。

 

読むとわかること:ブログにまつわる大体全部。

この本を読めば、ほとんどのブログにまつわる基礎的な部分が網羅できます。前半はブログを始めるにあたっての心構え。

 

お金は目標ではなく結果であり、お金は一番最後にやってくる

マネタイズありきではなく、ブログとして信用を築くことが一番大切。この話は最近話題のキングコング西野さんも口を酸っぱくいってましたね。確かに納得。

西野亮廣「これからは信用を稼ぎに」―4600万円、6千人超の支援を集められる秘密 (エイ出版社) - Yahoo!ニュース

 

自分が好きなことを他人のために頑張る

私の場合、「知らない誰かに書く」というよりも何となく伝えたい相手を想像して書いてます。自分の得意なことや好きなことで飲み会の話題になったら嬉しいくらいの感じ。

 

3ヶ月間毎日書く

これがブログの極意か!というくらいいろんな本に書いてありますね。このブログもとりあえず、コツコツ積み重ねて継続して行くことが今の目標です。

 

コンセプトを考える

これもどの本にも書いてあるポイント。我々は「世間に需要があること、かつ、自分が得意なのか」がぼんやりとしかわかっていないので、とりあえず3ヶ月間はあらゆるトピックを書いた上で自分達の得意とコンセプトを探すことにしました。

 

他にも実践的なテクニックも詰め込まれてます。 以下はその一端。

  • ①あなた、②コンプレックス、③方法・理由、④数字、⑤キャッチコピーを使う。
  • 重要な部分は太字
  • 書評は自分の考えを示す
  • グルメレポートは美味しいとは書かない
  • 節約記事(クレジットカード)は収益化しやすい
  • Google analytics, Google サーチコンソールの使い方

 

この本の一番いいところは「記事を読んで傷つく人はいないか」 というところが重視されていること。作者である「かん吉」さんの人柄が溢れた文章だと思います。

 

そもそも炎上商法や煽り記事は最終的に淘汰されていくと思うので、とてももったいないと個人的には思うんですよね…。

 

とにかくこの本は教科書です。

 

賛否両論あるからこそ読む本:『武器としての書く技術』

有名なイケダハヤトさん。煽りやdisりから、賛否両論あるプロブロガーですが結果を出しています。ブログの更新頻度や読みやすさは突出しています。

 

この本は、かん吉さんの本と同じようにブログに対する考え方からテクニックまで網羅されていますが、よりテクニックに比重が置かれています。 

読むとわかること:人を惹きつける文章の書き方と強い心の持ち方

実践的なテクニックが溢れています。特にテクニック部分は後述する『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』にも通ずるところがあります。すぐに使えるテクニックの一例は以下のとおり。

  • 材料を集めて、手順を考えて、味付けして、スパイス
  • 言い切るのが大切
  • タイトルは簡潔にする
  • 半径3メートル以内の言葉を使う
  • ひらがなとカタカナ、漢字のバランスに気をつける

 

また特に共感したのは、以下の2点。うなずきながら読みました。

書く技術は(こんなに)人生を豊かにする。

アウトプットすることで記憶力は高まる。

 

さらに私は有料noteも購入して読みました。こちらも実践的なテクニックが詰まっていますが、ちょっと高いので買わなくてもいいかも。noteのいいところは「継続更新される」という点なので、 動きがはやいネット社会にあわせて更新されていくことを期待したいと思います。

 

購入することを考えている人向けに以下ご参考。有料noteを読むと以下のような疑問が解決できると思います。 

  

書くテクニックを向上させたい人のための本:『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』

「文章をどうやって書くのか」というテクニックが存分に詰め込まれた作品。

 

基礎的な文章構成から、いかに品の良い文章を書くか、という細かなテクニックまで盛りだくさん。さっと読めるが、実際に日々の記事作成まで昇華させるのは時間がかかりそう。まずは基礎編は確実に習得しつつ、「これ、私やっちゃってる…」というポイントは修正していくのが良さそうです。

 

何回も立ち戻りたいコスパの良い本。

 

なおKindle版で購入される方はパソコンで読んだ方がいいかもしれません(Kindleだと文字の大きさを拡大できずに小さく表示されてしまう)。ビジネスや日常の仕事にも役に立つこと請け合い。

 

読むとわかること:どんな記事・文章が「良い」とされるのか。

究極の目標は「完読されること」

この本では「完読されること」が目標という点から始まります。どんなに力を入れても時間をかけても、読まれない記事は「完食できないラーメン」と同じで意味がない。当たり前ですが「目から鱗」でした。ブログを書き始めた時に感じる「なんでこんなに力をいれた記事が読まれなくて、さくっと書いた記事が読まれるんだろう?」という疑問を解消してくれます。

 

また完読される記事のためには、「事実」「ロジック」「言葉づかい」が大切と教えてくれます。「プラモデルのように書く」や「手書きの構造シートを作る」という実践的な文章構成の基礎も網羅。

 

構造シートは手書きで書くべし

特に「手書きの構造シート」は、これだけネットで書くツールが充実しているからこそ実際に練習することが大切なんだと理解しました。プロのライターがやっているんだから、素人の我々なら尚更。

 

この本の中では「コレやってしまってる…」というギクッとするような「品が悪く見える文章」の事例が上げられています。例えば私の場合…

  • 文頭一語目にくる読点(例えば「さらに私は」等)→頭が悪そうにみえる、とのこと。よくやっちゃってる…。
  • 約物の使いすぎ→「」や()は、便利なので使いすぎてしまいます…。
  • 「できる」や「可能である」といった可能表現に頼りすぎない→これは気をつけていますが、便利なんですもん。反省。

その他にも文章をより魅力的にするテクニックも盛り沢山。ブログのみならず、実際のビジネスの場でも役立ちます。例えば、インタビューの基本(「同意」と「深掘り」)は、読んだ次の日から使えました。

 

全てのブロガー、全てのビジネスマンにオススメ。多くのプロブロガーも推薦している激オシの一冊です。 

 

面白いコンテンツを学ぶ本:『金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ』

この本はとにかく面白い。挑戦的なタイトルに負けないコンテンツ力です。「ブログ本」とは思えないくらい。

 

特にキャズム(溝)の話は、とても興味深い。ネット(自ら情報をとりに行く人)とマジョリティ(一般大衆)の間に大きな溝があるという分析はコンテンツを考える上で非常に考えさせられました。

f:id:lkecmlfd:20170327102114p:plain

情報システム用語事典:キャズム(きゃずむ) - ITmedia エンタープライズ

 

企業の広報戦略も「今はソーシャルメディアだ」とただ流行に乗るのではなく、どの層を狙うのかを考えなければいけないですね。その大きな事例としてグノシーがなぜ10億円もテレビCMに使ったのか、という分析が秀逸です。

 

余談ですが、私はこの本を読んで自分のプロジェクトの広報にテレビCMを作りました。「そんなのYoutubeじゃダメなの?」と上司に言われましたが、この本を題材に説得に成功。最終的に放映費は自社の今年度予算では厳しかったので、コラボ案件にして他企業に放映費を捻出してもらうことに。その際も同じ説明で納得してもらうというオマケつき。

 

読むとわかること;面白いコンテンツこそ、集客につながる

特に最終章の「ブログで集客したければこれを読むべし」は、必読です。

要は記事やエントリーには「バズるのを狙うもの→評価をもらうもの」と「 実際のビジネスにつなげるもの」をバランス良く配合するということなんです。バズることでドメインを強くし(このサイトは有用なコンテンツが多いとされる)、そこでビジネス的なことを投稿することによりこれも上位に出やすくなる。

 

我々のブログは「実際にビジネスにつなげるもの」という性質ではないですが、「皆さんに一般的に役に立ちそうなもの」でドメインを強くしつつ「ちょっとマニアックだけど自分たちが書きたいもの・残していきたいもの」で攻めていくようなバランスをとれればいいな、と。

 

なお、「顔出しか匿名か」という記事もあるのでそれも必見。我々は匿名にこだわるのですが、顔出し派の意見も勉強になります。

 

強みと戦略ってなんだろう、という人のための本:『白いネコは何をくれた?』

「自分の強みってなんだろう」という疑問や「強みを活かす戦略ってなんだろう」という疑問に真っ向から答えてくれる一冊です。広告代理店で働くイケてない主人公が白いネコに導かれて、自分の強みを発見し、変わっていくという物語から「戦略BASiCS」が学べます。
 
私はこの本を読んで「ちゃんと社史くらい読もう…」と思いました。
 
読むとわかること;差別化戦略は3つしかない

冒頭紹介した「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」のかん吉さんの著書内でも本書が登場。特に3つの差別化戦略が秀逸。「手軽軸」「商品軸」「密着軸」の3つ戦略しかない、と言い切っています。

f:id:lkecmlfd:20170327102109p:plain

 

皆さんのブログはどこを目指すでしょうか。きっとこのブログは「商品軸」を目指すのかなぁ。このあたりは、3ヶ月更新を続けた後にもう一度振り返ってみたいと思っています。

 

戦略的にブログ運営を勧めていきたい人、仕事でも自分の強みが何かわからない人は必読の本です。

 

まとめ

「ブログ始めたいけど何したらいいの」が私の最初の気持ちでした。

 

とにかく先人から学ぶしかないと思い、大量に関連書籍を読み漁った中から厳選した5冊が今回紹介したものです。

 

同じジャンルの本をたくさん読むと共通項が見えてきますが、今回紹介した5冊は共通する基礎を抑えつつ、一歩先に行くエッセンスが詰まっています。

 

先人の知恵を拝借するのは、効率的な投資に他なりません。どの本も本当にオススメなので、ぜひ手にとって読んでみてください!

 

イクメンパパに告ぐ!子育てと英語学習を両立させる方法

イヌ エッセイ/ライフハック 仕事

f:id:lkecmlfd:20170327010845j:plain

 

お久しぶりです。イヌです。今、焦って英語を勉強しています。

  

今から約半年前に会社で海外勤務の候補生の募集がありました。軽い気持ちで応募したところ、70名の募集者の中から運良く10数名のメンバーに選ばれ、会社負担で半年ほど英会話のマンツーマンレッスンを受講させてもらっておりました。

 

でもヤバイのです。4月にレベルチェックのテストがあるのです。半年もレッスンを受けておきながらレベルアップしてなかったら、投資価値のないウンコだと認定されてしまいます。

 

これまで住宅購入やら引越しやら、子育てやらを言い訳に自己学習の時間が全然取れていなかったので、今日はイクメンパパとして全力で育児に奮闘しながらも、スキマ時間でどれだけ英語学習ができるかトライしてみました。

 

 

イクメンパパの日曜日のスケジュール

まずは、日曜日のタイムスケジュールを見てみましょう。
※本来、妻がいればもうちょっと楽なのですが、今日は体調不良で終日寝込んでいたため普段よりタフな1日となっております。

 

7:30 起床

髭剃りをすませ、子どものオムツ交換をしたあと、朝食の準備。基本は昨夜の残り物を温める程度。

 

8:00 朝食

子供にバナナとサラダ、炊き込みごはんを食べさせる。1歳半にもなると、食べるものは大人と一緒ですね。

 

8:30 着替え

自分の着替えをすませ、子どもの着替え。着替えるついでに再度オムツ替え。

 

9:20 外出

来週の送別会の準備のため、会社に立ち寄りムービー作成。

 

11:00 英語予習

英語スクールで授業が始める前に30分ほど前回のレッスンの復習。基本は前回習った言い回しや例文を繰り返し音読し、見なくても言えるように刷り込む。

 

11:30〜13:10 英語レッスン受講

今日の講師はわかりやすくてよかった。講師によって密度がかなり違う。

 

14:00 昼食

途中でマックに立ち寄り、ランチを買って帰宅。子どもが寝ていたので、その隙に急いでランチを済ます。見つかったらポテトが狙われる。ランチを見ながらTVにつないだFire TV Stick でSUITSを鑑賞。プライム会員なので無料で見放題。本当は英語字幕で見たいのだが、日本語字幕しかないのが残念。

 

 

14:30 子ども起床

しばらく遊びながらTVを見ていたが、外に出たがったので子どもを着替えさせて外出。普段は公園に行くが、今日はあいにくの雨なので図書館に連れていく。

 

17:30 帰宅

手洗いをさせ、着替え。夕食の準備を始める。今夜は簡単に肉豆腐とオニオンサラダにしよう。

 

18:00 夕食作り

途中、子どもが夕飯の支度を邪魔をするのをなんとか乗り越える。

 

19:00 夕食

モリモリ食わせる。

 

20:00 絵本の時間

洗濯物を干した後、絵本を読む。

 

21:00 夕食の片付け

子どもがママのところへ行った隙に、皿洗い。

 

21:00 寝かしつけ

今日はすぐ寝ると思いきや、授乳後に満面の笑顔で復活してきたため、抱っこひもの準備。近くの公園を夜のお散歩をして寝かしつけをする。この時、iPod nanoにあらかじめ入れておいた英語CDをリスニングしながら歩き、一石二鳥。

 

21:30 帰宅&寝かしつけ完了

いよっしゃああああああああ!!!!!ここまででかなりタフなため、早起きのお母さんはここでだいたい子どもと一緒に寝てしまう。世の中のママは毎日こうやってみんな頑張っているのだ。共働きでも、専業主婦でも、大変なことに変わりはない。「俺は外で仕事をして帰ってきてるんだから家のことは妻が全てやって当然」とか言っちゃう昭和初期の考えの男は今すぐ悔い改めるべし。

 

21:40 筋トレ

時間がないため、腹筋ローラーを10回、腕立て20回を3分で終わらす。腹筋ローラーは最初難易度が高いが、上半身をまんべんなく短時間で鍛えられるので時間のないパパにオススメ。最初は膝をついて、毎日ちょっとずつやればできるようになります。

 

21:50 風呂

湯船につかりながら英語の音読。元Google日本法人社長の村上さんがオススメしていた「ニュース英語ボキャビル4000語」を使ってます。

 

22:30 英語音読

ストレッチをした後、もう一度ニュース英語を音読。

 

23:00〜24:00 ブログ執筆

まだ書き慣れてないので1時間くらいかかってしまった。アウトプットの時間が長いと更新がおっくうになってしまうので、15〜30分程度でサクッとかけるようになりたい。移動中のスマホでネタをためておくようにするかな。

 

以上、イクメンパパのタフな休日でした。普段はもっとダラけてますが、テストが近いので今月はこのペースを崩さず、スキマ時間を活用してがんばります。

 

でも今週は送別会ラッシュだから無理かな〜〜〜〜〜(弱気)

ひと目でわかる!グラフで見るアジア各国の経済。

海外生活/旅 エッセイ/ライフハック 仕事

f:id:lkecmlfd:20170326161726j:plain

 

旅行でも仕事でも注目度が高いアジアが今回のトピック。

 

「その国がどれくらい発展しているのか」を理解しておいた方がいいのは誰もが同意することだと思います。

 

一方で、「2011年時点でのミャンマーGDPは519.2億USD」とか言われてもピンとこない…。この値は、一体どれくらいの経済発展を示しているのでしょうか。

 

人間は、自分がわかるものと比較しないとわかりません。写真によるものの大きさと一緒ですね。

 

例えば、右の写真だと大きさは分かりませんが、左の写真だと誰もが大体の大きさを知っている「本」と比較しているため、大きさが想像できます。

f:id:lkecmlfd:20170308011342j:plainf:id:lkecmlfd:20170308011332j:plain

 

前置きが長くなりました。というわけで、今回は世界銀行のデータを利用して、アジアの経済規模をわかりやすく比較してみましょう。

 

まずは、GDPによる比較

GDPなんぞや、という方はこちらがオススメ。

GDPって何?……国内総生産の基礎知識:nikkei4946(全図解ニュース解説)

ざくっと言うと「その国の人が一年間に稼いだお金の総額」です。「実質」「名目」といった話は今回は割愛します。目的は、「ひと目でアジアの各国の経済の相場観を知る」ということですから。

 

早速グラフで比較してみましょう。仮に「スリランカの経済規模・発展ってどのくらいだろう」と考えたとします。

 

まずはざっと周辺アジア国と比較。インド、インドネシア、マレーシア、バングラデシュ、タイ、スリランカ、ネパール、カンボジアと比較してみます(グラフはマウスオーバーで各年の値が確認できます)。

上記のグラフをみると、どうやら最低グループに入っているようですね。

 

もう少しわかりやすくするためにインド、インドネシアをグラフから外してみましょう。

こうしてみると、下から3番目ですね。最下位がカンボジア、その次がネパール、それに続いてカンボジアです。

 

しかしスリランカはアジアの貧困国なのでしょうか?ざっと画像をググってみた感じ、そんな貧困国には見えませんね。

 

f:id:lkecmlfd:20170326143423p:plain

 

一人あたりのGDPを確認

そこで、一人あたりのGDPを確認してみます。一人あたりのGDPは、ざっくりいうと「国民一人あたりが一年間に稼いだお金」です。つまり国民の生活水準と言ってしまってもよいでしょう。

各国をごぼう抜きして、 スリランカはマレーシア、タイにつづいて3位になりました。スリランカを地図で見ていただくとわかりますが、国土が小さく日本で言うと北海道の8割くらいしかありません。人口も2000万人程度です。

 

 

そうなると、国全体の経済規模が小さいのは当然ですね。しかし一人あたりの生活水準は高い、つまりアジアの他の国と比べて国の規模と人口の割には稼いでいる、ということがわかります。実際にスリランカの首都コロンボでは何でも揃い、日本人も快適に暮らせます。

 

ちなみに中国・日本・韓国を入れるとGDPの比較はこうなります。恐るべし中国。日本でも2009年、2010年あたりにGDPで抜かれたのが大きな話題になりましたね。

 

しかし一人あたりのGDPを見てみると中国は下に沈みます。中国の成長は目覚ましいですが、地方部の状況を考えるとまだ全体としての生活水準は低いと言えます。地方部との格差は中国にとって今後の大きな課題です。

アジアで勢いのある国はどこ?

例に出したスリランカがアジアの中でも経済が発展していることはわかりましたね。しかし、日経新聞スリランカの名前をほとんど目にしません。地理的に遠いことも関係しているかもしれませんが、直行便も飛んでおり8~9時間程度。インドとそんなに変わりませんね。これはあまり理由にならなそうです。

 

そこで、GDP成長率を見てみましょう。 

グラフがごちゃごちゃしてしまって若干わかりにくいですが、スリランカGDP成長率は2012年の9.145%を境に下降気味です。なお、2009年に軒並み各国の成長率が下落しているのはリーマンショックの影響ですね。

 

人口も2000万人なので市場も小さい。あまり企業の参入意欲がわかないのも理解できます。また生活水準も高いため、労働賃金も水準がアジアの他国より高いことが容易に推測できます。

 

さらに人口増加率を見てみるとスリランカは頭打ち状態になっていることがわかります。

スリランカをビジネス市場としてアジアの他国と比較した場合、やはり将来的な人口ボーナスと経済の成長率を期待できる国のほうが注目される(よって日経新聞もあまり取り上げない)という分析ができます。

 

まとめ

今回はスリランカを例にアジアの各国の経済状況を「ざっくり」見てみました。

 

アジアの各国の状況を見るには、まだたくさんの切り口があります。例えばバンコクプノンペンといった各国の商業主要都市とそれら国の地方部の発展具合は全然違います。今後はそういった切り口についても記事を書いていきたいと思います。

ブログを書く目的ってなんだろう?

エッセイ/ライフハック

f:id:lkecmlfd:20170325190457j:plain

 

このブログを書く理由ってなんだろう? 

 

このあたりで整理しておこうか。

 

そもそもなんでブログを書くの?

ブログを書く理由は以下の2つです。

1. アウトプットを通した学びとコンテンツ力の向上

アラサーになって、いろいろと経験値も溜まってきました。役職もあがり、ある程度お大きな仕事も任され、日々楽しく過ごしています。一方で、仕事にこなれてきた感もあります。インプットも20代前半に比べて減ってきてしまったような…。ワクワクも減ってきたように感じます。

 

「これはイケてないオッサン化のはじまりではないか?」

 

そんな風に思い始めました。そこで、アウトプットすることで自分への学びにもしつつ、面白いコンテンツをつくる修行としてブログを始めることにしたのです。ブログを対外的に発信することによって、日々の仕事に欠かせない文章力・コミュニケーション力もスキルアップする一石二鳥と考えたわけです。

 

2. コンテンツを記録に残す&アセットの形成

「きっと自分たちの世代にしか残せない何かがあるのではないか。」

 

そんな大層なことを思いました。「父ちゃん達の世代は面白かったんだぞ」と自分達の子供にも胸を張って言いたい。

 

そのために面白いコンテンツを作れるようになって、狭い一つの職場という場所以外で舞台に立つ。それを記録として残し、自分たちのアセットとして形成していきたいと思ったのです。

 

そして、自分が生み出したコンテンツが人を喜ばしたり、元気にしたり、何かの気休めになったり、役に立ったりして、我々の世代が元気になる一滴にでもなったらいいなぁと思っています。

 

幸せになれる文房具5選

エッセイ/ライフハック

f:id:lkecmlfd:20170325172624j:plain

 

今回は、文房具マニアのうちのオカンが薦める文房具5選!

 

うちのオカンが相当な文房具マニアです。オカン曰く「文房具は人生を幸せにする」とのこと。文房具だけに数十万以上をつぎ込んでいる我がオカンの薦めるマストバイを今日は紹介したいと思います。

 

文房具で幸せになれるのよ!

 

 

ボールペンの王様:ジェットストリーム 

 

言わずもがなの定番商品!私も使っていますが、本当に書きやすい。4色+シャープペンシルで、これ一本でほぼ全てが事足ります。

 

外国人向けのお土産でも相当喜ばれます!日本クオリティ!

 

コスパがすごい!:ポスト・イット ジョー

 

オカンに言われてから愛用していますが、とにかく耐久性がすごい。粘着の耐久性も高いのでリユース可能。ブックマーク代わりにも使えます。

 

To Doリストの仲間:フリクションスタンプ【済】

 

To Doリストや終わったスケジュールにスタンプ。間違えて押してしまっても消える優れもの。

 

終了を可視化するのは、脳科学的にもやる気アップに効果あり!

 

ハサミいらず!:クツワ アルミ定規

 

いちいちハサミを取り出して紙を切るのがめんどくさい。まっすぐ切るためにカッターを取り出すのも億劫。そんな人にオススメなのがこの定規らしい。オカン曰く、「幸せになれるくらい気持ちよく切れる」らしいです。

 

画期的な書類整理:クリヤーホルダーブック ノビータ

 

Amazonでノビータが安い!プライム会員でしょ!買って送って!」と海外で働いている私に対してオカンが指示した程、オカンが心底愛するノビータ。その熱狂ぶりに若干引きましたが、この「クリヤーホルダーブック」というのがどうやら画期的らしい。いちいち書類に穴を開ける必要もなく、上から入れるタイプとも違う「クリヤーホルダー型」なので出し入れが半端なく楽、とのこと。確かに便利そう…。

 

こんなのがずっと欲しかった!!

 

まとめ

便利な文房具に出会った時のオカンのテンションの上がり方は息子でも引いてしまうほど。しかしながらオカンからもらった文房具は本当に使いやすかったので、わざわざオカンにLINEでオススメ文房具を聞いた上で、この記事を書いてみました。

 

オカンの趣味が皆様の役に立ちますように!

 

おまけ:オカンが次に狙っているグッズ

シャープペンはどうやら「ぺんてる」がアツいらしいです。どちらも高いから少し悩んでいるのだそう。確かに「オレンズネロ」はもはやシャープペンの値段じゃない…。オカンが購入したら、レビューをこのブログでお届けしたいと思います!